レーザー脱毛ってどうなの?フラッシュ脱毛との違いは何?

レーザー脱毛の仕組みと特徴

レーザー脱毛の仕組みは、ピンポイントで肌の奥の毛根を焼き切って、もう二度と毛が生えてこないようにすること。強いエネルギーのレーザーを扱うのにはそれ相応の技量と資格が必要で、国家資格である医師免許がないとできません。医療機関である専門の病院とかクリニックで行う治療法になります。

強いエネルギーで毛根を焼くため、それなりに痛みも伴いますが、その分効果の高さには定評があります。また医療機関で行うので、もしも痛みが不安な場合には麻酔を受けることも可能ですし、万が一肌トラブルが起きた場合にも、すぐに治療を受けられるというメリットもあります。

フラッシュ脱毛とはどう違うの?

街のエステや脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛は、光のエネルギーで毛根や毛根周辺に働きかけて、毛が生えて来にくい環境を作っていきます。脱毛のメソッドそのものは似ているのですが、効果には大きな違いがあります。

フラッシュ脱毛は毛根を完全に使用不能にするわけではないので永久脱毛とは言えず、いずれまた毛が生えてくる可能性が高くなります。しかし痛みが少なく、価格的にも始めやすいので、「ちょっと脱毛してみたい」という人には、幅広いニーズがあるようです。

レーザー脱毛はいったん脱毛が完了してしまえば無敵の永久脱毛なので、「もう二度とムダ毛処理をしたくない」という人には向いているでしょう。脱毛完了までの期間も短くてすむので、トータル費用でみるとレーザー脱毛のほうが安くなる場合もあります。

強力なレーザー脱毛、気軽にできるフラッシュ脱毛という違いはありますが、自分がどんな肌になりたいのかをイメージすれば、自分に合った脱毛方法が見つかるかもしれませんね。

医療レーザー脱毛にはルビーレーザーやダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなど様々な種類がありそれぞれ波長が異なります。